よくある質問

Faq

よくある質問

心と身体の悩みを気軽にお話しいただける存在でありたいと、願っています。

Q. 麻痺に対してどのようなリハビリをされるのですか?

麻痺の回復に必要なのは、「メンタルの向上」と「リハビリの効率性アップ」の2点。麻痺の症状は百人百様ですので、患者さんの症状に合わせたリハビリを的確に指導いたします。
症状によっては「促通反復療法」を用いて必要な新経路の形成・強化を行うことで、身体が行おうとした運動を実現し、反復運動を繰り返すことにより回復を促します。

Q. 回復期を過ぎても、麻痺は改善するのでしょうか?

これまで、回復期(6ヶ月以上)を過ぎると麻痺が回復する可能性がないとされ、動かなくなった手足にリハビリテーションを行うことはありませんでした。
しかし、麻痺した手足を積極的に動かし続けていると、脳の他の部位が役割を代行するために脳細胞を再構成すること(脳の可能性)が明らかになりました。動かなくなった手足でも回復する可能性があるのです。諦めず、まずはご相談ください。

Q. 装具なしで歩けるようになるのでしょうか?

装具を使うことで、バランスのとれた歩行ができるようになるのですが、その一方で、長期装着により筋力の低下が生じ、装具へ依存してしまうことが懸念されています。
装具は重く、脱着に時間がかかるという不便な面もあります。せめて自宅内では装具を外して生活したいという方々の希望を叶えるために、独自で考案した装具なしの歩行訓練を行っています。この訓練によりほとんどの方が自立歩行できるようになっておりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

Q. 病院の病室や、施設の部屋でもリハビリをしていただけますか?

ご本人や身内の承諾があれば、申請書を提出することで、外部の専門家によるリハビリを病室または各部屋で受けることが可能です。
まずは一度ご相談ください。

Q. 介護による家族の悩みや相談にも乗っていただけますか?

もちろんです。介護によるご家族のお悩みに合わせて、どんな内容でもご相談いただけます。
特に自宅介護やそのためのリフォーム、将来への不安、介護保険や障がい者保健の利用に関するご相談などを、今までも数多く承ってまいりました。これまでの豊富な経験を活かし、心のお悩みや不安を解消できるよう、ご家族に対しても親身に寄り添います。

ページの先頭へ